家を守る「ハウスガードシステム」

家族を守る「緑の柱」でつくる家創り

緑の柱は、保存剤が内部まで浸透。

腐らない・シロアリに強い。

家族が安心安全(構造による耐久性、長寿命化)快適に暮らせる家創り。そんな思いから、基住では構造材に自然素材(無垢材)を採用いたしました。一般的には構造材には「集成材」と呼ばれる、複数の木を組み合わせて接着させた材料が使われることが多いのですが、いつまでも新築時の性能を保つために、「緑の柱」という国産の自然素材(無垢材)を採用しています。

point① 半永久的に新築時の耐震性を保ち続ける

 

 耐震性能の基準は新築時を想定して設けられています。つまり新築時には耐震性能に問題がなくても住んでいる間に耐震性能は低下し、地震が起こった時に倒壊してしまう危険があります。

「緑の柱」は、半永久的に新築時の耐震性を備えていますので、安心して暮らすことができます。

 

point② リフォームで差が出る長持ちの家

 

長い年数が経つと修繕の必要な所が発生したり、生活スタイルの変化からリフォームの必要性が出てきます。その時に、骨組みの構造部分がしっかりしていれば、建替えることなく、外装、内装のリフォームで再び快適に暮らすことができます。また、大事な構造部分がシロアリや腐れの被害に合っていると多額の修繕費が必要になります。

point③ シックハウスの原因とならない安全な家

 

「緑の柱」の家は、技術や保存剤に安全が確立されているものを使用しています。「緑の柱」に使用されている防腐・防蟻剤(マイトレックACQ)の主成分は銅と塩化ベンザルコニウムで、銅は言うまでもなく、塩化ベンザルコニウムも私達の身近に使用されている成分で、シックハウス症候群の原因となる物質は含んでいません。塩化ベンザルコニウムは医薬品で歯磨き粉、ウェットティッシュなどに用いられており、非常に馴染み深い存在です。

 

point④ 国産の無垢材を使った家

 

国産材を使うことは日本の山を守ることになります。日本の森林の40%を占める人工林は、成長した木を伐らないで放置しておくと、森が荒れて、水を吸い込みにくくなり、地滑りなどの危険が出てきます。国産の木材を使うことで、山が手入れされ、活性化します。

山は綺麗な水や空気を豊富に生み出し、景観も創造されます。

 

 

 

ページトップへ