スタッフブログ

苗木の里親になりました

2020/06/02(火) 日々のこと

苗木の里親      2020年6月1日

 

こんにちは、藤本です。

前回のブログで尼崎21世紀の森の内容をご紹介させていただきましたが、100年かけて森をつくるすごいスケール感があり、地元の苗木を植え、水を浄化し、生物多様性の森をつくり、人と自然をつないだ壮大なプロジェクト、すごいですよね。

 

まだ見ていない方は、前回のブログを確認してください。

 21世紀の森 ブログ

さて、今回は尼崎21世紀の森で取り組まれている『苗木の里親』プロジェクトについて書きたいと思います。

 前回のブログでも尼崎21世紀の森はタネから森を育てるとお伝えしましが、それを育苗(いくびょう)といい→公園の中には育苗圃場(いくびょうほじょう)があります。尼崎21世紀の森は、まだまだ開発途上なので、市民や企業などに、種から育てた苗を一時預り育ててもらい、1年後ぐらいに尼崎21世紀の森に戻してもらうというすばらしい取り組みです。

 弊社も2つの苗をお預かりさせていただきました。

 

 

自分達で育てた苗だと 私たちも尼崎21世紀の森へ行った際には見方が違い、まさに親のような目で見ることができる楽しみが増えるな~と今から楽しみにしています。

 苗の場所は 弊社展示棟の半外空間に置いて、打ち合わせ時にいつでも見られるようにしました。

 

画像

基住の展示棟

アメノヨリミチができてから

小鳥もよく遊びに来てくれています。

ここで飲むコーヒーは美味しいんです。

 

画像

屋外打合せスペースに苗木

 

画像

基住の打合せスペース

コロナで密を避けるには

良い空間になっています。

 

 

 苗木は、シャンシャンボというツツジ科の常緑低木でブルーベリーの仲間だそうです。

名前は初めて聞きましたが、5月から7月にかけて壺状の花を房状につけるそうで、見たことがあるような感じもありました。

名前の由来は、実が小さくてお坊さんのように丸いことから(小小ん坊)とも言われているそうです。

 

尼崎21世紀の森へ植える時期の一年後が楽しみです。

 シャンシャンボ一同、宜しくお願いします。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ