パッシブについて

パッシブデザインについて

建物は土地の条件にマッチした南の日射を最大限に室内に取り組めるよう計画します。パッシブデザインとは土地の条件にマッチした、周りにある太陽や風等の自然エネルギーを最大限に活用する手法です。欲しいエネルギーは建物自体の工夫で取得し、不要なエネルギーも同じく建物自体の工夫で遮断・調整します。

 

冬、太陽の日射で建物を温められれば暖房エネルギーを削減できますし、夏、太陽の日射は出来る限り取得せず、通風があれば、冷房エネルギーを削減できます。

冬の太陽の日射は低い角度から、夏は高い角度から降り注ぎます。これらを建物の形、方角、屋根や庇、窓の位置、窓ガラスの特徴や性能、室内の間取りなどを総合的に検討し設計することが、パッシブデザインです。

そんな当然のことを、きちんと考えて住まいを建てることができれば、住宅はより快適で、無駄なエネルギーを消費しない素晴らしいものとなるはずです。残念ながら、現在はすべての住宅がパッシブ的手法で建てられないのですが、今後はもっと積極的に活用すべきデザイン手法でしょう。

基住のパッシブデザインへの取り組み

基住の考える建物では設計段階で可能な限り、パッシブデザインの検討を行います。

建物方位、屋根形状、冬の日射取得、夏の日射遮蔽、高気密と適切な断熱、結露防止、窓の位置・高さ・機能、通風経路、温熱環境...

それらを総合的に、また定量的に判断して、設備だけに頼らない自然エネルギーの利用と自然との共生が可能な住まいの実現を目指しています。

また、それらのバランスを保つために、施工精度や材質、手法には厳しい社内基準を設けています。

パッシブデザインはあまり大きなパワーと言えない自然エネルギーを利用するものですが、気密施工をはじめとする施工技術が支えている建築手法であるからなのです。

家づくり豆知識|家づくりについて

ページトップへ