ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業)

 省エネルギーについて

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。

ZEHとは、「快適な室内環境」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅

ZEHとは?とは(ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業)の略。1年間の消費エネルギーより住宅でつくるエネルギーの方が多い、または差がゼロになる住宅のことです。

 

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。

(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの例)

 

経済産業省では

「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、その目標達成に向けた課題策を整理した「ZEHロードマップ」を策定すると共に、普及に向けた取り組みを行っています。

【補助金】

ZEHビルダーに登録している業者がお客様のZEH基準の住宅を建てる場合、補助金申請を行えば、現在は経済産業省の予算から1戸当たり125万の補助金が受け取れます。

【今後の普及率目標】

弊社は平成32年度までにZEH受託率50%を実現する事を目標としています。

【具体的な普及策】

 地球温暖化防止へのアプローチとして、CO2排出削減が社会全体のテーマであるため、建築業である弊社に可能な社会貢献として、住宅のZEH化を進める旨、自社ホームページや、建築現場での懸垂幕などを積極的に活用して理解促進に努めます。また、訴求促進のための「展示棟」を本社内に施工中です。

【コストダウンに向けて】

弊社ではこれまで、高気密高断熱の住宅を、パッシブ設計の手法を積極的に取り入れ供給してきました。自然のエネルギーを活用することで、設備にかかるコストの比重を下げ、高性能なZEHでありながら、価格の上昇を抑えた住宅ができるように考えております。

【その他の取組み】

長期に亘る耐久性確保、初期耐震性の維持、結露の防止、保守点検、管理の確立などを大学や自社での研究実証活動や、社員の技術・知識向上のためのOJT/Off-JT活動など、優良住宅の供給ができる地域ビルダーとして立脚するため、精力的に取り組んでおります。また、再生エネルギーの普及のために企業として貢献できるように努めます。

ZEH支援事業は → https://sii.or.jp/zeh28/

家づくり豆知識|家づくりについて

ページトップへ