高気密・高断熱の住宅でのエアコンについて

モデル カワイイイエ鈴原 2階リビングタイプ

【目 的】

基住の家は高気密・高断熱住宅です。

気密に関して、気密シート施工をしているために0.5前後の気密性能が(C値)があるので、お引渡し後、安易に壁を開けてエアコンを設置してしまうとせっかくの気密が台無しになってしまう。

そこで、基住ではエアコンを標準では付けないものの、エアコン位置、エアコン商品選定、気密施工を施された壁のスリーブを先行施工する事にしました。

 

☆メリット1

このお家は外皮性能が高いので外部に出ていく熱が少ない。その為エアコンの容量(風量)が小さいものでも対応可能+安価なエアコンが選定できるメリットがある。

 ☆メリット2

カウンターアローファンが動いているため、エアコンの熱も合わせて家全体で回すことができ、1階と2階・各居室についても温度の寒暖差を緩和できる。

 ☆メリット3

設計段階からカウンターアローファンの位置が定まっているため 最適で効率的なエアコンの位置が選定できる。

★お客様のエアコンの使い方について★

冬の暖房時期は、エアコンの風向きを下に。夏はエアコンの風向きをまっすぐに向ける。

カウンターアローファンのスイッチを暖房時期、冷房時期で切り替える。

暖房時は暖かい空気の熱が上に上がる自然の法則があるのでカウンターアローファンは上から下に送風。

冷房時は冷たい空気の熱が下に下がるためにカウンターアローファンは下から上に設定を切り替える。

 

高気密・高断熱住宅にお住まいになられる方で多いのが、春・秋も窓を開けられない方がいらっしゃいますが、光熱費等においても春・秋は窓を開けて頂いた方がより快適にお過ごし頂けると思います。

春・秋は花粉やPM2.5などの問題もありますが、できるだけ窓を開けて通風しましょう。

 

 

家づくり豆知識|家づくりについて

ページトップへ