安心して長く暮らせる住まいづくりのために

構造材緑の柱とは


 

家を支える柱。柱といっても様々な種類の木材があります。 スギ、ヒノキ、ヒバなど日本では耐久性の高い木材がありますが、どの木材腐ってしまったり、シロアリに食べられてしまってはどの木材を使っても違いはありません。

また住宅の構造材である柱が腐ったり、シロアリ被害を受けた場合に後で痛めた構造躯体を取り替えるのは難しく莫大な費用と時間がかかってしまい、最悪の場合は建て替えを 余儀なくされる場合もあります。

『緑の柱』は国産無垢材にマイトレックACQという薬剤を加圧注入処理することで生まれ る防蟻・防腐の効果が半永久的に続く耐久性の高い構造材です。安心して長く住み続けるためにはシロアリ・腐れ被害のリスクを減らし、新築時の性能を維持し続けることができる必要だと考えられます。

   

 

『耐久性』の重要性


 

家を長持ちさせるに必要な事のひとつに構造に使う木材の耐久性というのがあります。 構造材の強度については多くの人が気にされるところなのですが、新築時の構造材は健康 で丈夫で強度の高いものがほとんどです。 しかし、築後5年、10年と経過していくとともに新築時の強度は少しずつ失われていき ます。

本当に強い家というのは、「新築時の性能を維持し続けることができる家」なのです。また、家という大きな資産の価値をより長く維持するためにも耐久性の高い構造材を使用することが必要だと考えております。

 

『防腐・防蟻』の効果が半永久的に持続する。


 現在、木造建築で一般的に使われている集成材は曲りや反りなどがなく、高い強度を持っているとされていますが、ほとんどの集成材に使われるホワイトウッドはシロアリ被害に 遭いやすく、腐れの原因となる水や湿気に弱く腐りやすい木材です。いくら耐震性に優れた建物であってもシロアリ被害や腐れの被害に遭ってしまうと新築時にあった本来発揮される力を発揮できません。

防蟻の技術で最も一般的なやり方として、防腐防蟻剤を木材表面に塗布・吹きつける方法が ありますが、この方法では効果は短期間しか持続しません。床や壁を剥がせないため、構造材に新たに薬剤を塗布することはできず、隠れてしまっているためシロアリや腐れに気 付くことが遅れて被害が大きくなるリスクがあります。

また阪神大震災で倒壊した建物のほとんどがシロアリ・腐れの被害に遭った建物だといったデータもでております。 また、最近では気密性の高い住宅も増えてきました。高気密であるからこそ壁体内結露など壁内部で結露が発生し構造材が腐ってしまうなどの問題も発生しております。

お客様に安全安心に長く暮らしていただくため、シロアリに食べられず、腐らない構造材 を採用することが必要だと基住では考えております。

       

 『薬剤の安全性』について


 

 

緑の柱に『 マイトレックACQ 』という薬剤が加圧注入されています。このマイトレックACQに含まれている成分は『塩化ベンザルコニウム』と『銅化合物』は安全性が保証されている物質です。

『塩化ベンザルコニウム』は医薬品で歯磨き粉や目薬など私たちの身近に存在するたくさんの商品に使われております。『銅化合物』は銅貨である10円玉をはじめ、調理器具などに用いられており、こちらも馴染み深い存在です。

基住では構造を中心に考えた住まい創りを行っており、構造を中心に考えることの理由として家族が安心して暮らせるというがあります。当然のことですが、その暮らしを損なう。健康被害の出るような材料は使用しておりません。

 

マイトレックACQ処理液のLD50値(経口毒性調査)について右の表は、ラットを使った経口毒性調査・LD50値でマイトレックACQ 処理液を他の様々な化学物質と比較したものです。LD50値とは急性 毒性を表す値で、体重1kgあたりどのくらいの量を摂取するとラットの死亡数・生存数が半々になるかという調査です。1kgあたりに摂取した化合物の値が小さくなるほど、危険性が高いといえます。

『国産無垢材』を使用し日本の森林を守る


 緑の柱には国産無垢材が使用されております。国産の木材を使用することは日本の森林を守ること、そして海外から木材を輸入するのに使う大量エネルギーを削減することが可能です。また、人の手がかけられず、永年放置された山は日光が届かず木の根は浅く、結果として、山肌の表層を流れる雨は洪水や山崩れなどの災害を引き起こすことにもなります。

木材を切り出さなくなった山の木は老齢化し活力を失います。そして木が倒れ てしまい、腐っていくと、倒れた木はCO2を大気中に放出します。CO2を吸った木材を利用し、老木から若木へと更新していくことは森にとっても、地球環境にとっても必要です。基住では、国産の木材を使用し、木造住宅をお客様の住まいとして提供していくことが日本の森林を守り、地球温暖化に対応していくことにつながっていくと考えております。

 

家づくり豆知識|家づくりについて

ページトップへ