BELS(ベルス)について

BELSとは??

建築物エネルギー性能表示制度

Building‐HousingEnergy‐effciencyLabelingSystemの略です。

新築と既存住宅を対象に、一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関(第三者機関)省エネルギー性能を客観的に評価し5段階の★マークで表示します。

建築物省エネ法第7条により、2016年4月より不動産事業者等は、新築・既存を問わず販売または賃貸を行なう住宅・建築物に「省エネ性能」を表示するように努めることが求められます。また、その販売又は賃貸時に住宅・建築物の省エネ性能を説明することも求められています。BELSは、建築物省エネ法の省エネ性能表示の努力義務に対応した住宅・建築物を格付けする第三者認証制度です。

BELSは、国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEIの値によって評価されます。対象建築物のBEIの値が表の数値以下であれば、その★の数の評価が得られます。一次エネルギー消費量とは、建築物で用いるエネルギー量を一次エネルギーに熱換算した値です。

 BEIとは、家電OA機器等分を除いた「設計一次エネルギー消費量」を「基準一次エネルギー消費量」で除した値の事です。

      評価        

  ★ ★ ★ ★ ★

    ★ ★ ★ ★
  ★ ★ ★    誘導基準
    ★ ★  省エネ基準
          既存住宅・建築物のみ

 

現時点では、推奨や努力義務とされていますが2020年には、この制度が義務化される事が決定しています。基住では、企業理念として掲げている「家族が幸せになる心豊かな家創り」をモットーに、構造を中心とし住み心地と、エネルギーを無駄なく使う設計、永く住んでなおかつ価値を資産として残すことを考え BELS・ZEH・パッシブ設計を取り入れています。基住ではBELSの★の数だけではなく、BEI・Ua値(外皮平均熱貫流率)C値(相当隙間面積)も含めてお家の住み心地を考えています。

 

家づくり豆知識|家づくりについて

ページトップへ