基住のコンセプトハウス ガレージハウス ドッグラン ガレージハウス

基住のコンセプトハウス

【和モダンハウス】

画像

 

画像

 

 

【CUBEハウス】

 


画像

 

 

 

限られた敷地を活かす都市型パッシブ設計の邸

           (自然の力を存分に活かす)


 

 

 

床材にアカシア無垢材を採用したLDK。白い壁に濃い木目の建具がアクセントになったシンプルかつ洗練された空間。

また、キッチン前からダイニング横を通って2階へ上がるよう配慮した、ご両親が安心できるコミュニケーション設計です。

 

 SOLA BOX

窓を減らし屋根に天窓を採用することで、断熱性能の向上とプライバシーを考慮した住宅

 

 

 

 

 

 

 

 敷地が限られている都心部では、真北設計が難しくなります。

真北設計とは、土地の形に関係なく家を南向きに建て、太陽光を効率良く、夏場は日射遮蔽したり、冬場は日射取得させる設計技法です。

しかし、現実的にそれが可能なのはゆとりある土地の場合であり、都心では土地に沿って建物を建てなければなりません。

その場合、充分な通風・採光を確保しつつ、いかに熱損失を抑えてプライバシーを守るかが課題となります。

基住で都市型住宅のモデルとして、熱損失を可能な限り抑えてプライバシーも確保する‘‘都市型’’パッシブ設計を実現。

熱損失が一番大きい窓にも注目し、天窓を設置することで壁の窓を通常より減らし、断熱性能を上げることが可能に。

天窓は開口面積の約3倍もの日射取得ができ、通常と比べて4倍の換気効率が特徴となります。

光と風を採り込みつつ、外部からの視線も遮ることができる、‘‘都心で快適に暮らす住宅’’のご提案です。

 

 

画像

外観正面に窓を設けないプライバシーに配慮したシンプルモダンな設計。凛としたスタイリッシュな佇まいが住まう人のこだわりを感じさせます。アプローチはベビーカーや車椅子でも上がれるスロープを採用しました。

 

画像

奥行きを感じさせる広々とした玄関。

白を基調とした清潔感溢れる空間です。

 

画像

玄関の右手奥にあh大きなシューズクロークを設けました。土間続きで入れるので、ゴルフバックやベビーカーなどをそのまま収納できます。

 

画像

可動式の棚を多く設けており、ご家族分の靴や小物がスッキリ収まります。ハンガーパイプ付きで上着などを掛けられるので、お出かけ前の準備がスムーズです。

 

 

画像

バルコニーと繋がった主寝室は白を基調としたシンプルナチュラルな空間。大きな開口部を設けており、たっぷりの太陽光を採り込めます。

奥に設けたウォークインクローゼットは、あえて扉を付けない使い勝手の良い設計。また、2階ホールとの仕切りは大きな引き違い戸を採用し、開放することで吹き抜けの光を採り込むこともできます。

 

画像

可動棚を設けたウォークインクローゼットはご夫婦の衣類や小物をたっぷり収納できます。

 


 


【ガレージハウス】

「愛車と暮らす・・・その夢、叶えます!!」

苦労して手に入れたヴィンテージ・モーターサイクル

コンバーチブルの2シーター

カーボンフレームのワンオフ・ロードレーサー

 

愛してやまない魅了的なキカイたちと

いつも同じ空間で暮らしたい、いつもメンテナンスしていたい

同じワールドの仲間と「談義」したい・・・

 

そんな愛車と暮らすガレージハウスの夢

わたしたち基住にお任せください。

 

ライトな感覚からディープな世界まで

ワイルドなテイストからエレガントなテイストまで

満足していただけると思います。

 

 

 

【 音楽室のある家】

 

「 音を楽しむ家」を「音楽家(おんがくか)」と名付けました。

私たちがこだわったのは「良音設計」と言う考え方です。

良音設計とは、基住オリジナルの造語です。

この言葉には私たちのこだわりを表しています。

音楽や音をテーマにした部屋づくりを語る時、「防音性能」ですべてを片付けることは間違いでは?・・・と考えています。

音に関しての品質には、「吸音と反射」、「残響と反響」、「音場」、「周囲の騒音」、そして「どのような音を楽しむのか?」などの要素を組み合わせて設計しなければなりません。

ご近所に「音」の迷惑ををおかけしないことはもちろん、「楽しむ」レベルの空間創りを目標におくべきでしょう。

楽器を演奏する・・・

音楽を聴く・・・

歌を唄う・・・

静寂を得る・・・

どのように「音」と関わりたいのかを設定し、そして高音質な「音空間」をお届けすることを「良音設計」だと定義しているのです。

スタジオ基住においでいただければ、私たちのノウハウをお伝えいたします。

来場予約はこちら   音楽室施工事例

 

【ドッグランハウス】

ドッグランのある家の物語

初の本格的プライベートドッグランつき住宅を基住がリリースしました。ヒトとイヌが共生していく為に、家族だけのドッグランがあれば、しつけや、運動ができるのではないか・・・。ヒトもイヌも我慢しない家、そんな願いをカタチにしました。

 

憧れの大型犬対応のプライベート・ドッグラン!!

プロリーダーの監修を受けています。

ダブルゲート、安全なフェンスの高さ、脚をいためにくい敷き材。

 

ヒトとワンちゃんの共生がテーマです。

ドッグランペースから室内へのヒトとワンちゃんの動線にも工夫を凝らしました。

散歩から帰ってきたりドッグランで遊んだ後『足洗い』や『デッキ』を通ってから室内へ入る動線です。

ヒトだけが行動する動線ともわけてあります。室内でもワンちゃんと暮らすためのアイデアを取り入れています。

 

 基住は「構造は企業のモラル」と考えています。


安心して住んでいただくために、新築時の耐震性を維持できるような構造や構造材でなくてはなりません。

万が一の地震でも一階部分がしっかりしていれば家族の命を守る「セーフティーゾーン」になります。

家の構造を「緑の柱」で建てることでシロアリや腐れから守り、お住まいになる間ずっと新築時の耐震性を発揮し続けるようにと考えています。

「緑の柱」は日本産の無垢の杉に工場で加圧注入で防腐・防蟻処理と寸法安定化処理を施したものです。メンテナンスができない壁の中で超長期の間、新築のままの健康な木材であり続けます。

耐震等級3を取得、ヒトとワンコがともに暮らし続けられるために!

このお家は、許容応力度計算によって構造の強度を確認しています。

万が一の地震時に家が大丈夫なら、この家で家族とワンコが一緒に住み続けられますものね!

ドッグランハウスの施工実例

スタジオ基住においでいただければ、私たちのノウハウをお伝えいたします。

お家を建てたいな・・・と思ったらぜひ1度お越しください。

ページトップへ