夢の実現へグリーンインフラ事業

 

 

夢の実現へグリーンインフラを推進

 「グリーンインフラ」とは

グリーンインフラストラクチャー(Green Infrastructure)のことで、自然が有する多様な機能や仕組みを活用したインフラストラクチャーや土地利用計画を指し、我が国が抱える社会的課題を解決し、持続的な地域を創出する取組みです。

例えば近年多発する突発的な大豪雨に対して、コンクリートで埋め立てられた場所では雨水を地面が吸収せず、そのまま一気に川へと流れて行きます。瞬発的に大量の雨水を受けた川は氾濫し被害がでます。この時、雨水を各家庭で少しずつでも貯水し、街中に雨水を受け止める土・緑を設けることにより、川の増水が抑えられ被害を出さずにすみます。さらに各家庭で貯水した水を散水や、災害時の貯水として活用することもできます。グリーンインフラを進めることで、街の緑はイキイキとし、野鳥が集い人々に癒しを与えてくれます。

 

 

近年の近畿地域の主な自然災害


  • 2018年9月30日「平成30年台風24号」
  • 2018年9月4日「平成30年台風21号」
  • 2018年6月28日から7月8日「平成30年7月豪雨」
  • 2018年6月18日7時58分頃「大阪府北部地震」
  • 2017年10月23日「平成29年台風21号」
  • 2017年9月17日「平成29年台風18号」
  • 2017年8月7日「平成29年台風5号」

 


雨水(あまみず)を活用したグリーンインフラ

 

 

2018年10月、基住では河原デザイン・アート専門学校の生徒様・講師の先生方、福井工業大学の先生方にお力添えをいただき、あまみず活用「アメノヨリミチPJ」が始動しました。「アメノヨリミチ」とは、RaCS雨水アドバイザーを取得した代表の藤本を中心に、基住の考える雨水活用「水害対策を根底に、雨水を溜め活用していく中で、生態系を含む緑豊かな生活が実現することにより、私たちの生活を豊かにする。」を実際にご覧頂ける施設です。

2019年11月、他多くの皆様のご協力でアメノヨリミチは完成を迎えました。

 

 

Next わが街をポートランドに

ページトップへ