800棟以上の実績を得て、進化を続けた頂の邸

 

 

 

創業から、新築棟数800棟以上を建築させて頂いた実績と、大学や自社での実験や研究を行うことで得た経験から生み出す新築住宅は、高性能でかつ、地盤と建物の高い安全性を保つための規格化を進めながらハイセンス・高品質で細やかな設計配慮が行き届いた住まい。そんな住まいを現実的な価格帯でお届けする…それが基住の新築住宅です。

国としては、阪神淡路大震災で耐震基準を施行したもののあまり普及せず、東日本大震災や熊本地震で耐震の関心が持たれましたが建築基準法の改定はされず、南海トラフは規模が大きすぎて対策が取れずという状況であります。

基準の改定は何かが起きてからでないと改定されません。でも、それでは遅すぎます。最低限の対策を住宅業者はもちろんの事、お客様にも少しずつ考えていただきたいと私たちは願っております。

 

 

  • 構造の安定・安全性~命を守る構造~

『構造は企業のモラル』をモットーに、命を守る構造を優先した家づくりを行います。災害大国日本では地震対策は必須だと考え、過去の震災を冷静に分析し、建築基準法を満たすだけではない耐震・耐風・耐火性を考慮した家づくりを行います。

  • 省エネルギー性~想定する基本性能を安定して獲得~

我々が省エネルギー住宅を建てるという事は個人の自己満足ではなく、地球規模で行われていく大事な取り組みである事だと思います。また、それはお客様のライフスタイル・快適性・健康・安心・エコロジー(経済的)を手に入れるものでもあります。

  • パッシブデザイン~自然エネルギーを最大限活用する設計~

分譲住宅の経験を活かし、その土地にふさわしい家をプランニングいたします。土地の向き、接道状況、隣家の環境などを考慮し、自然の力である光・熱・風を最大限に活用する設計(パッシブ設計)を行います。

  • 耐久設計&アフターケア~長期維持が可能な家づくり~

『売って終わりじゃありません』をモットーに、長期に亘る使用を前提としたメンテナンス性の高い設計と、維持管理のフォローを行っております。メンテナンスをしなければどんな家も劣化していきます。基住ではお客様の意識も含めてバックアップいたします。

 

 

Next 自然共生街創り事業

ページトップへ